スポンサードリンク

ETFは各種手数料が割安な点が魅力


依然として世界的な金融危機が広がっています。このため常に金融市場は翻弄されておりますが、米国
をはじめ、依然として欧米の金融機関の経営は悪化が進んでいます。

 
オバマ政権が誕生して1年経ちましたが具体的な効果は見られません。株式市場全体が依然として低迷
しており、また、最近の投資傾向として、投資家の間では必然的にリスクを避ける動きが強まっています。


こうした中で投資信託も株式投信の場合は、比較的リスクが高い部類に入ります。株式投信の手数料は
非常に割高に設定されていますので長期での運用が基本とされています。しかし、実際に大きく下落する
場面は損失を避けるためにもいさぎよく手放す必要があります。
 
 
しかし、投資信託の信託報酬をはじめ各種手数料が高いので小回りよく相場の動きに合わせて取引する
のが難しいのですが、低コストのETFであればそれが可能です。


基本的にETFは商品の性質としてはインデックスファンドに非常に近いです。しかし、取引所に上場されて
いるため、実際の取引時間中に値段が刻々と変化するの点が異なります。


ETFの運用面についてですが、基本的にはインデックスファンドと同じく、個別株への投資ほどはボラティ
リティは高くありません。また、日本では、それほどETFは普及していません。
 
 
しかし、今現在、東京証券取引所では海外で既に実績のあるETFが上場可能となっています。一方、海外
ではNYダウなどの株式指数や金、原油などの商品など様々な指数に連動するETFが上場されてます。


こうした動きが日本でも加速することを期待します。また、ETFに投資する場合は銘柄分析をする必要が
ないので、世界経済全体の大きな流れを把握すれば良いので初心者の方にもおススメできます。



posted by 投資信託初心者 at 03:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外債ファンドの魅力と注意点について

 

今回は外債ファンドについて誠に簡単ではございますが、解説させていただきたいと思います。外債
ファンドは読んで字のごとく外国の債券に投資するタイプのファンドのことです。


外国の国債や公社債などで運用するタイプのファンドで、年に数回分配金を受け取ることができます。
ファンドによってはグローバル・ソブリン・オープンのように月一で分配金が支給されます。


毎月お小遣い感覚で分配金が支給されるのでリタイア層を中心に一時人気を博しましたが、今現在
基準価額が大きく低下し、なおかつ手数料が全般的に割高に設定されています。


このため、運用効果に関して大いに疑問があります。基本的に外債ファンドは中長期で運用するもの
が大半を占めています。一般的に短期の債券よりも中長期のものの方が利回りが高いです。


しかし、長期で外債ファンドを保有することにより、基準価額が減少する場面に遭遇する可能性が高ま
りますので、場合によっては元本割れすることも十分ありえますので注意が必要です。


外債ファンドは大きくわけて2種類に分けることができます。ソブリン債とハイ・イールド債です。ソブリン
債は国債や地方債など公的機関が発行する債券を中心に組成されています。一方、ハイ・イールド債
は発展途上国の債券を中心に組成されたファンドで、基準価格の変動が著しく激しいのが特徴です。





posted by 投資信託初心者 at 22:55 | 投資信託の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SRIファンドとは?



【投資信託が分かる資産運用入門】


まず、SRIとはSocially Responsible Investmentの略称です。

直訳すると社会的責任投資という意味です。



通常、株式市場に上場する銘柄に投資する場合、企業の財務などを
分析して、投資判断を行うのが一般的です。


上述したことと合せて、投資先の企業は社会的責任を十分にはたして
いるのか、もしくは取り組む姿勢をみせているかという姿勢を取り入
れながら投資することをSRIといいます。


 

上述したような、SRIという視点を取り入れたファンドがSRIファンド
で、欧米ではSRIを重視する動きが活発化しております。

 

日本でも、昨今は日常的に企業の不祥事があかるみになっていること
から、今後加速的にSRIファンドが受け入れられるかもしれません。




応援クリックおねがいします。

人気blogランキングへ

FC2 Blog ランキングへ



※投資信託への投資は必ず、自己責任の範囲でお願いします。

投資信託に関する文章・情報につきましても、必ずご自身で実際に
ご確認頂けますようお願いします。当方では利用者の損害につき
ましては、誤字、御配信を含め、いかなる場合にも責任は負いま
せんので予めご了承下さい。

投資信託が分かる資産運用入門トップへ





posted by 投資信託初心者 at 23:59 | Comment(0) | 投資信託の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハイイールド債の特徴とは



【投資信託が分かる資産運用入門】


ハイイールド債は、信用度の低い債券です。


このため、債務不払い(デフォルト)になる可能性が高い変わりに利回り
は非常に高いのが特徴とされています。



商品名にハイイールドボンド○○といった形で表示されているのが、こうした
債券を中心に投資する投資信託です。


投資対象は、各付けいうと、BB以下の、いわゆる投資不適格の債券です。


こうした債券に単独で投資することは大変リスキーなことですが、投資信託
の場合は大量の資金を使って膨大な数の債券に分散投資します。



ですので、仮に投資した中のいくつかが債務不履行(デフォルト)になった
場合でも残りの投資分から得られる利益がそこでの損失を穴埋めしてくれ
るため、結果として高い利回りが得られます。



これと似たものでエマージング・ボンドというものがありますが、こちらは
主に発展途上国の債券のことで、商品の性格はハイ・イールドボンドと
かなり類似性の高いものとなっております。



応援クリックおねがいします。

人気blogランキングへ

FC2 Blog ランキングへ



※投資信託への投資は必ず、自己責任の範囲でお願いします。

投資信託に関する文章・情報につきましても、必ずご自身で実際に
ご確認頂けますようお願いします。当方では利用者の損害につき
ましては、誤字、御配信を含め、いかなる場合にも責任は負いま
せんので予めご了承下さい。


投資信託が分かる資産運用入門トップへ




posted by 投資信託初心者 at 04:11 | Comment(0) | 投資信託の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。