スポンサードリンク

投資のリスク管理と学習するポイント

資産運用のために実際に金融商品へ投資する上で最も重要視されるの
は商品の分析ではありません。徹底したリスク管理です。



まず、日常生活で考えられるあらゆるリスクを洗い出します。そして予め、
ある程度の対策を練ることで対処することができるようになります。です
ので自己責任が問われる現代ではとても重要です。



そして、これから資産運用について学んでいく上で注意しなければならな
いのは、情報に惑わされてしまうことです。
 
 
 
投資に関する書籍などでは依然として実際に、をしながら体で資産
運用を学ぶことを推奨しているものが少なくありません。



確かに株式投資でデイトレードのように、ひたすら売買を繰り返すトレード
手法を身につける場合は仕方がないと思います。こうした短期売買は危険
すぎますが、売買経験を積む以外ありません。
 
 
 
しかし、普通にこれから資産運用を始められるうえで、何も知らない状態
で投資信託のような金融商品を頻繁に売買するのは危険です。投資金
が目減りするのを眺めるのが精一杯だと思います。



ですので、まずはしっかり、投資に関する基本的なことを学部必要があり、
実際に資産運用に関する勉強に時間をかけている人達は、時間をかけて
いない人達よりも資産を増やしているといわれてます。



本などは図書館でも借りれますし、証券会社などでは、無料のセミナーが
開かれているので積極的に参加してみてください。



タグ:資産運用
posted by 投資信託初心者 at 17:15 | 投資信託の始め方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託を購入する方法について



今回は、投資信託の購入方法について簡単ではございます
が解説させて頂きたいと思います。



投資信託は、証券会社のみの取り扱いだったので、以前は
投資信託を購入する手段は証券会社の窓口のみでした。



ですので、株式投資を行っている方はともかく、一般の方
が投資信託の存在すら知らない状況にありました。



また、投資信託に興味がある方でも、肝心要となる投資信
託の購入方法が分らないので諦めざるえなかったのです。



しかし、金融ビックバンによって1998年に銀行や保険会社
でも投資信託を取り扱う事が解禁となりました。



今現在では信用金庫や郵便局など様々な金融機関で気軽
に投資信託を購入することが出来るようになりました。



また、投資信託を購入する方法は金融機関の窓口だけでは
ございません。ブロードバンドの普及によりインターネットで
直接証券会社や投資信託会社から購入も可能です。



今現在、証券会社ですでに口座を開いている人は別として、
投資信託をきっかけに、投資を始めようと思っている方にと
っては、証券会社は敷居が高く思われるかもしれません。



そんな場合は銀行、もしくは郵便局の窓口で、しっかりと
納得いく説明を受けてから、しっかりと投資信託を検討し、
購入するのが良いかと思います。



ただし、実際に取り扱っているファンドの種類や数では銀行
や郵便局よりも証券会社が圧倒的に多いです。



恐らく、銀行や証券会社の窓口で色々と説明を受ける際に
色々と人気のある投資信託を勧められると思います。



今現在、金融商品の販売に関する法が厳しくなったので、
昔のように強引に販売することはできません。



ですので窓口で投資信託の説明を受けるだけ受けて「パン
フレットや目論見表を見ながら家族と検討するといって」
その日は帰ってください。



ネットなどで、口コミ情報を調べながら本当に良い商品なの
かそうでないか確認してから投資信託を購入しましょう!


あせって投資信託を購入する必要は全くありません。


【格安手数料】 楽天証券なら投資信託の購入方法が分る



※投資信託への投資は、自己責任でお願いします。

投資信託に関する文章・情報の、誤字、脱字、誤配信を
含め、一切責任は負いませんので予めご了承下さい。

投資信託が分かる資産運用入門トップへ






posted by 投資信託初心者 at 02:07 | 投資信託の始め方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。