スポンサードリンク

投資信託の運用成績を調べる方法


投資信託の運用状況を調べるために目論見書を読む必要があります。しかし、ただ読むだけではだめ
なんです。他のものと比較することで運用状況の良い悪いが判断できます。


ちなみに比較するための対象をベンチマークといいます。日経平均株価やTOPIXなどもベンチマーク
として考えることができます。とにかく何かと比較することで、より実態が明確になります。


重要なのはベンチマークをどれだけ上回っているかを調べることが大切なんです。


実際に目論見書を見てみるとベンチマークとして日経平均株価かTOPIXのいずれかを採用していると
いうことが記載されています。この点を見逃さないように注意してください。


もし、日経平均株価をベンチマークとしているのであれば、実際にそのファンドが日経平均株価より
も運用パフォーマンスが上回っているか、まず最初に調べます。


また、比較する際の注意点としては、長期間で運用パフォーマンスを比較するのがポイントです。


短期での比較は正確な判断が下せないからです。直近から1〜2年程度運用成績が良かったとしても、
世界的に金融危機が拡大している状況では一気に反対に動く可能性が十分あるわけです。


ですので、短期ではなく長期間に渡ってこれまでの運用成績を評価します。


反対に過去にベンチマークを下回ったことがあるからといって、その投資信託が良くないというわけ
ではありません。今の時代ベンチマークを下回る投資信託は沢山あります。


長期間に渡ってファンドがどれほど安定した運用を行なっているかを中心に調べていましょう。





タグ:投資信託
posted by 投資信託初心者 at 15:00 | 投資信託の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インデックス型とアクティブ型の違い


投資信託は色々な種類が存在しますが、大きく分けると株式投資信託と公社債投資信託に二種類
に分別されます。基本的に1株でも株式が組成されていれば株式投資信託となります。


株式投資信託にはインデックス型とアクティブ型と二つのことなる投資スタイルが存在します。


今回はこれらについて簡単ではございますが解説させていただきたいと思います。


インデックス型は日経平均株価やTOPIXのような指標を目安にして運用されています。


つまり、これらに連動するような形で設計されているわけです。


また、インデックス型は日経平均株価やTOPIXと連動させることを目的としているため大きな運用
資金を集める必要があり、市場全体が混乱している状況下では難しい面もあります。


そして、アクティブ型は日経平均株価やTOPIXを上回る運用を目指します。


このためアクティブ型はファンドマネージャーの運用能力が大きく問われることになります。


ですので、日々相場の動きに対してどのように対処しているのかが問われます。


上手く対応することで運用成績が向上することになります。


ですので、ある一定の時期は日経平均株価やTOPIXを大幅に上回る運用成績を成しえたとしても
その後に、大幅に下回る可能性も十分ありますので、リスクがかなり高いです。






posted by 投資信託初心者 at 16:29 | 投資信託の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グローバルソブリンオープンについて


今現在大きく低迷していますが、一時期は公募投資信託の残高が50兆円を超えていました。このため、
老後の資産形成のために積極的に購入している個人投資家が多く存在していました。


そうした中で、定期的に分配金が支給されるグローバルソブリンオープンは特に人気が集中しました。
実際にグローバルソブリンオープンには、為替リスクや、分配金が定期的に支給されることによる弊害
などマイナス面も少なからず存在しますが日本の投資家にはすんなり受けいられました。


やはり、日本よりも比較的金利の高い欧米などを主体とした国の発行する国債に分散投資をするという
ことで、安全でさらに一定の金利が得られるかたちの投資信託は魅力的に映るのでしょう。


実際に一般の個人投資家が海外の国債を直接購入することは、なかなか容易ではありません。さらに
国ごとに分散しようとするとなると、その分大きな資金も必要となります。


それ以前に、どのような仕組みで海外の国債を買えるのかといった情報も個人投資家のかたが入手す
ることは難しいです。また国債の価格は日々変動しますので、そうした動向につきましても個人投資家
がウォッチしつづけることも非常に難しいとされています。


くりかえしになりますが、グローバルソブリンオープンは毎月分配型という特色が人気の一つです。また、
ある程度大きな資産をさらに分散投資するとともに、各種情報をもっているプロが運用しています。


このため個人投資家の方も安心して投資することができます。投資信託は投資信託は、投資家から集
めた資金をまとめて大きな資金として、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品です。


そして、運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みです。注意しなければならない
のは、分配金はファンドの運用実績によって大きく変動してしまうことです。


いつも同じ金額が支給されるわけではありませんので、この点に関して予め了承した上で購入しなけれ
ばなりません。個人的にはオススメすることはできません。



posted by 投資信託初心者 at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MRFの利便性の高さと仕組みについて


MRFはマネー・リザーブ・ファンドの略称です。MRFの魅力は何といっても金融商品としての安全性の
高さです。実際にMRFの運用方針そのものが安全性を重視しています。


基本的にMRFは収益性よりも好きなときに解約して引き出すことができる換金性の高さが最大の魅力
です。証券会社では株式の購入資金や売却代金を総合口座という形でMRFで運用しています。


繰り返しになりますが、MRFは投資信託の一種とはいえ、安全性を最重視していますので、他の金融
商品と比較して利回りは低く設定されているため、この点だけみると魅力が薄いと思うかもしれません。


しかし、預貯金よりも利回りは良いですし、また、安全性が高いということで、資産運用および資産保全
のための一つの手段として利用されると良いかもしれません。


MRFやMMFに似た商品のなかで中期国債ファンドというのがあります。以前は広告も良くみかけたの
ですが、残念ながら最近では人気が大きく低迷しているようです。


基本的にMRFは追加型の公社債投信ですが、単位型の公社債投信として長期国債ファンドがありま
して、これも以前は高い人気を誇っていたのですが、最近では人気が低迷しています。


長期国債ファンドや中期国債ファンドは運用成績が反映されるため、元本割れするリスクがあるので、
こうした点が人気低迷の要因の一つになっているようです。



タグ:MRF
posted by 投資信託初心者 at 17:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託の基本的な仕組みについて


依然として、金融市場の信用不安が沈静化する気配がないので、残念ながら投資信託の多くが基準
価額が低迷しています。「投資信託への投資は危険」といった内容の本が最近良く目につきます。


しかし、投資信託に限らず金融商品への投資は、どこで購入し、どこで手放すかが重要となります。
投資信託のようなリスク商品にとっては厳しい状況が続いています。


何とか近い将来見直されることを期待したいところです。そうした中で今回は、実際に投資信託の基本
となる仕組みについて簡単ではございますが、解説させていただきます。


郵便局や銀行、証券会社といった販売会社は、個人投資家が投資信託(ファンド)を買うさいに窓口と
なる会社をさします。こうした販売会社は投資信託を販売しているだけです。


直接投資信託を運用しているわけではありません。そして、実際に投資信託を開発し、運用しているの
は野村アセットマネジメントや、シュローダー投信投資顧問などの運用会社が実際に行ないます。


上述した会社が、投資信託のメーカーなので、もし保有している投資信託(ファンド)に関して不明な点
があれば遠慮することなく直接運用会社に質問することができます。


そして、投資信託(ファンド)の資産そのもの(現金、株式、債券など)をすべて預かる管理会社の役割
があります。こうした受託会社としての役割を通常は信託銀行がおこないます。


運用会社の指示の元にしっかりと管理されています。通常、投資信託(ファンド)を保有した場合、上述
した3社に対して報酬を支払うこととなり、これを信託報酬といいます。


例えばパンフレットに信託報酬は純資産残高の0.60%と記載されているのであれば、毎年、投資信託
(ファンド)資産の0.6%分のコストを有する口数に応じて支払います。


ちなみに信託報酬の計算方法についてですが、年率0.6%の場合は、1年365日、日割りで計算され
るので、実際には毎日投資信託(ファンド)資産に対して課されることとなります。


信託報酬などのコストを引いた後で、当日のファンドの値段である基準価格が算出されます。投資信託
を保有している限り、信託報酬は支払い続けなければならないので、上述したコストがいくらかかるかに
よっては、投資信託のリターンが大きく変りますので注意が必要です。



posted by 投資信託初心者 at 15:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金融機関が破綻した時の対処法について

 

ここ最近、FXの取引会社が破綻してしまったがために、投資家の資金が返ってこないため、訴訟問題
にまで発展するケースがここ数年でかなり増えています。



今後、金融庁による規制が強化される可能性が高いですが、外貨投資の場合は、こういった金融機関
の破綻リスクが大きな問題としてあげられています。



一方、投資信託の場合はこういった金融機関の破綻リスクがありません。その理由についてですが、
基本的にファンドの投資資金と投資家の資金は信託銀行で分別管理されているからです。



この分別管理とはどういったものかといいますと、銀行の資産とは切り離して管理することですので、
仮に、信託銀行までもが破綻したとしても、銀行の資産は差し押さえられることになっても、ファンド
の資金は法律によって守られるので、投資家の資金も同様に守られます。



そして、販売会社が破綻した場合についてですが、これまでの投資家の口座は他の金融機関に移行
されることになります。その金融機関でそれまで通りの取引(解約など)ができます。



また、運用会社が破綻してしまっため、運用の継続ができなくなった場合は、時価で計算し、現金化
した上で投資家に還元されることになりますので、心配要りません。



世界的に景気が悪化し、欧米でも金融機関が破綻するケースが増えいます。預貯金の場合は最高
で1000万円までしか保証されませんが、投資信託は全額時価ベースで返済されます。

 




posted by 投資信託初心者 at 07:15 | Comment(0) | TrackBack(1) | 投資信託の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託の分配金の仕組みについて


投資信託の基本的な仕組は、幅広い層の投資家から集めたお金によってつくられたファンド(基金)に
まとめることによって、や債券などに分散投資します。そこから得られた利益を投資した額の割合
に応じて投資家に分配金として還元する仕組みをさします。



そして、一方で投資信託はファンドとも呼ばれています。通常、一般の個人投資家が株や債券に投資
することによって、大きな利益を得る可能性があります。



しかし、その反面常に投資規模に応じたリスクが生じます。こうしたことから一般の個人投資家が機関
投資家と同じ土俵で争って利益を得るということは容易ではありません。容易に高い利益がえられると
思われている金融所品や市場ほど実は想像以上に難しいのです。



しかし、投資信託なら、その道のエキスパートであるファンドマネジャーが代わりに運用してくれます。
そして、投資信託の強みはプロであるファンドマネージャーに運用を任せることが出来る点です。



ファンドマネージャーの仕事を簡単に説明すると、企業の業績や財務内容、市場の動きを調べます。
そして、投資信託を運用する為に様々な手法を用いて情報を収集し、分析することによって投資対象
となる銘柄や債券を投資信託に組み込みます。



最後にもう一つ投資信託のメリットを挙げさせていただきますと、小額から購入することができるので、
1〜数万円と非常にリーズナブルな価格で購入することができます。



一人一人の投資額は少なくても、幅広く沢山の投資家から資金を集め、ファンドとしてまとめて、数十
から数百規模に分散投資ができるためです。そしてファンドそのものの種類が豊富にあるのでリスク
許容度に合わせて選ぶことができます。



投資信託も元本を保証する事はできませんが、低リスクであることから、投資に関しての知識と経験
がさほどなくとも比較的投資しやすい金融商品だと思います。



posted by 投資信託初心者 at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外国投信を購入する際の注意点について



日本の経済成長は80年代がピークで、それ以降は完全に衰退期に入ってしまったので、今後どのよう
なことがあったとしても、当時勢いで経済成長を期待することはできません。



株式市場も日経平均株価が10年後に2万円台をつけているとは考えずらいです。しかし、そうした中で、
インドや中国といった新興国市場は間違っても今より後退することはありえません。



今年からさらに経済成長の勢いは鈍化する可能性がありますが、調整期間の5年を過ぎれば再び大き
な経済成長が期待されています。ですので、投資信託も国内投信だけでなく、外国投信も依然として
高い人気を誇っています。また、今後はアジア諸国のETFも増えると思います。



基本的に国内に流通している外国投信の多くが信託期間が終了する前に、自由に換金できるファンド
が大半を占めています。しかし、中には運用開始から一定の期間が設けられているファンドもありま
すので、この点(中途解約できるか)には十分注意してファンドを選ぶ必要があります。



ネット証券で取り扱っているファンドの大半は簡単に解約することができます。ネット証券が一般化する
前は電話か窓口で解約の申し込みを行なわなければなりませんでした。



気軽に購入できるものではありませんが、神経質になりすぎて、せっかくの投資機会をのがしてしまう
のは、あまりにも、もったいないですので、一度に運用資金全てを投入するのではなく、少しずつ様子
をみながら外国投信を購入されることをおすすめします。



posted by 投資信託初心者 at 08:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インデックスファンドで運用する魅力


投資信託を購入する上で信託報酬は決して無視できません。信託報酬は投資信託を管理するファンド
会社に支払われるものです。しかし、信託報酬が高いからといって、ファンドの運用成績がずば抜けて
良いというわけではありません。長期で投資信託を保有する場合はネックとなります。



投資信託は5年程度の長期間に渡って保有し続けるのが基本といわれていますが、実際に保有する
だけでも信託報酬に限らず、各種手数料が徴収されます。10年を一つの周期と考えた場合は、5年
程度保有した場合は大きく低下する場面で売らざる得ない場面に遭遇する可能性が高いです。



 

1980年代のように世界経済が連動していない時代は良かったかもしれませんが、今では世界経済
の動きは密接に連動していますので、分散投資効果は落ちています。



しかし、だからといって、1年程度で基準価格が上昇したところ見計らって売っても、上述した通り、
投資信託は手数料が高いので大きな利益は期待できません。



こうした点を、しっかりと考慮した上で、運用スタイルにあった投資信託を選ばなければなりません。
そうした中で、お勧めなのがインデックスファンドです。



インデックスファンドは日経平均株価やTOPIXなどの株価指数の動きに連動しているので、ある意味
分散投資効果は他の投資信託の比ではないかもしれません。



手数料も比較にならないほど割安ですので、仮に頻繁に売り買いしても利益が出やすいとされていま
すし、また、株式投資するような感覚で、売り買いが自由にできますので、一度インデックスファンドに
投資してしまうと他の投資信託を購入する気が失せるかもしれません。



そして、インデックスファンドは上述した通り、各種手数料が安いので銀行などの金融機関ではあまり
すすめることはません。販売会社側に利益が他の投資信託ほど入らないからです。裏を返せばそれ
だけインデックスファンドは個人投資家向けの金融商品といえると思います。 





posted by 投資信託初心者 at 13:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファンドの組成されている銘柄を調べる

投資信託の魅力の一つとして分配金の支給があげられます。海外の投資家は基準価格
の上昇を期待して投資信託を購入するので、分配金の支給は望まないか、支給されても
再投資に回しますが、日本の投資家は分配金が支給されることを望みます。



国民性の違いといえばそれまでですが、分配金が投資信託の大きなセールスポイントで
あることは間違いありません。しかし、注意しなければならない点があります。



まず、投資信託分配金は預貯金の利回りのように確定しているわけではありません。
当然のことながらファンドの運用が上手くいかない場合には支給される分配金は減ること
となったり、場合によっては支給されないこともあります。



仮に支給されたとしても、支払われることによって購入された投資信託純資産額が減
ることになるので、でいえば配当を支払ったことで株価が下落するようなものですので、
投資の旨みというのは確実に低下することになります。



こうしたリスクを減らすためにも、ファンドが組成している銘柄が、しっかり利益を出せる
財務体質が良好な優良企業であるかどうか調べる必要があります。



上述した点をクリアしている銘柄は株式市場全体が大きく低迷して一時的に下落したと
しても、際立って割安感が生まれますので、買われやすいといった特徴がありますので、
下落局面でも株価が下がりにくいのです。



そして、株式市場全体が下落局面にありながらも、投資家の注目を集めている銘柄
多数あるので、こうした銘柄の特徴を色々と調べることによって、さらに投資効果を高め
ることができます。不況時でも投資で勝つことができるようになるわけです。



タグ:投資信託
posted by 投資信託初心者 at 21:14 | 投資信託の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不況時には早めに現金化するのが得策



2007年に日経平均株価は1万8000円台までつけてから一時期7000円台を切る水準に
まで落ち込みました。前後して、2004年ごろには貯蓄から投資へを合言葉に株式や投資
信託などの金融資産への投資を促す動きが活発化しました。



ちょうど当時は団塊世代がリタイアする時期と重なって一気に投資信託ブームが起こった
わけですが、多くの方が元本割れする場面に遭遇しています。



実際に基準価格は97年の統計以来最低の水準にあるわけですが、不況時には短期的に
大きく戻す場面もありますので、早い段階で現金化したほうが良いかもしれません。



多くの方がせめて、元本より1割、いや2割程度低い水準にまで回復したら売ろうと思っても
中々思うように市場全体が動かないので、短期的に大きく戻したときに現金化すべきです。



これから、1ヶ月後に日経平均株価は1万円台にまで回復するかもしれませんし、もしかし
たら反対に再び7000円台を切るかもしれませんが、いずれにしろこういった状況下では
数ヶ月先も予測することができないだけいに注意が必要です。



また、短期的に大きく戻すと、その反動が強まるので、勢い良く下落する場面が少なくあり
ません。ですので、もし、不安に思われるのであれば早めの現金化をおすすめします。





タグ:投資信託
posted by 投資信託初心者 at 17:52 | 投資信託の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託の受託銀行等が倒産した場合

世界的に金融危機が広がっていることから米大手保険会社のAIGや世界最大手の金融
機関であるシティ・グループが瀕死の状態にあります。



絶対につぶれない、つぶれてはならないとされていた大手金融機関がこうした状況下に
あります。問題なのは今後も継続して損失を拡大する可能性が高い点です。



当然のことながら規模に関係なく金融機関が破綻するケースが増えると思います。です
ので、今後は投資信託受託銀行が破綻するケースも十分ありえると思います。



今回は受託銀行などが倒産した場合どうなるか解説させて頂きます。受託銀行と言って
も国営企業ではないのですし、国に保護される可能性は低いと思います。



しかしながら、受託銀行に預けられている運用資産は、全額受託銀行の資産とは分けら
れて管理されているので仮に投資先の受託銀行が倒産した場合でも運用資産は差し押
さえの対象にはなりませんので投資家のお金は守られます。



そして、同じように投資信託を実際に運用している投資信託会社が事情により倒産した
場合でも、その投資信託(ファンド)の資産が他の投資信託会社に譲渡されますので、
譲渡先の投資信託会社が継続して運用してくれます。



投資信託は預金のように、預金保険機構が一定額までの元金利を保護してくれるわけで
はございません。ですので、その仕組み上販売銀行や受託銀行、もしくは投資信託会社
が経営破綻に陥ったとしても、ファンドの資産は保護される形になっております。



いくら投資信託(ファンド)の資産が保護されているからといっても油断は禁物です。
なぜなら投資信託は預金のように元本がまもられているわけではないからです。





posted by 投資信託初心者 at 22:48 | 投資信託の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託で損失を抑えるための注意点

基本的に投資信託は株式や債券など色々な商品で運用されていますので
分散投資効果が高い金融商品とされています。



しかし、ここまで深刻なレベルまで金融不安が拡大してしまいますと、これ
までの運用方法ではリスクは分散できないようです。



実際に当信託の基準価額は毎日のように変動しています。ですので、投資
信託を購入したあとにもし基準価額が下落すれば、残念ながら投資元本を
割り込んでしまうことも十分ありえるのです。
 
 
 
ですので、実際にこの価格変動リスクがで資産運用を行なう上で
もっとも大きなリスクとなりますので注意が必要となります。
 
 
 
この基準価額の変動に大きく影響を与えるのが、信託財産に組み入れられ
た株式や債券の固有のリスクとなります。例えばファンドに組み入れた銘柄
の株価が下落することによって、基準価額も下がることになります。
 
 
 
一方リスクが比較的低いとされる債券の価格は金利に大きな影響を受けて
してまいますので金利が変動する場面には要注意です。
 
 
 
例えば、金利が上昇することになると債券利回りは低下しますので、投資家
は嫌気して売りますので債券価格は下がります。
 
 
 
反対に金利が上がることによって債券利回りはあがりますので債券は買わ
れますので債券価格は上がります。そして、発行体の信用リスクによって
大きく変動する場合もございます。
 
 
 
海外の株式や債券に投資しているファンドの場合は外貨建てとなりますので
当然のことながら為替リスクも発生します。
 
 
 
例えば満期時や解約時に円高になっていれば為替差益が発生するので投資
対象がもつリスクを受けながら基準価格は変動します。




タグ:債券
posted by 投資信託初心者 at 15:20 | 投資信託の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外債の種類と投資する際のポイント

 

一口に外債といっても、実に様々な種類の物があります。月に1回、
年に2回といった具合に利息が受け取れるのが利付債といいます。



年に利息が支払われる場合には1回で年間利息の半分が支払わ
れます。そして、あらかじめ額面金額よりも低い価格で発行される
ものをディスカウント債といいます。



利息が無い代わりにディスカウント債よりもさらに低い金額で発行
されるのが、ゼロクーポン債(割引債)です。



こちらは、満期までの間、利息が全くありません。満期時には額面
金額が戻るので、購入時の金額と額面金額の差額が利息です。



以下、簡単にそれぞれの外債の特徴を簡単にまとめました。


<利付債>


(年2回利払いタイプ)= 半年ごとに利息を受け取れる


(毎月利払いタイプ)= 毎月利息を受け取れる


※ドイツ国債、フランス国債(それぞれの国の政府機関が発行)
  などは利息の支払いが原則的に年一回となっています。




<ゼロクーポン債>


(主な特徴)

利息が全くない、その分、額面価格から発行価格が割引か
れている債券で、満期時には額面100%で償還されます。




<ディスカウント債>


(主な特徴)

額面金額より低い価格で発行され、満期時に額面100%
償還する債券で、利息と償還差益の両方得られます。



ですので、外国投信も債券を中心に組成されている物の方が複雑
でなく、中長期での運用を希望する方に向いています。





タグ:利息
posted by 投資信託初心者 at 20:45 | 投資信託の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リスクにあわせて投資信託を購入する


投資信託のリスクとリターンの度合いは、購入される商品によって
大きく異なりますので、実際に投入される資金と取れるリスクに応
じてしっかりと選ばなければなりません。



MMFや公社債投信などといった債券を中心に運用する物はリスク
も比較的小さいのですが、国内株式型投信や海外株式型投信など株
を中心に運用するものは、リスクも大きくなるので注意が必要です。



また、同じ株式投信であったとしても、組み入れる株式の比率が高
ければ高いほどリスクも高くなりますので、こうした点も株式投信
を検討する場合は注意する必要があるでしょう。



とは言っても、リスクが大きければ大きいほどリターンも大きいの
が投資の大原則なので、投資信託といえども例外ではありません。



基本的に債券を中心に組成されていたとしても、1銘柄でも株式が
組み入れられていれば株式投信となります。



そして、株式投信の運用するタイルはインデックス型とアクティブ
型に分かれるのですが、この二つの運用スタイルについて誠に簡単
ではございますが解説させていただきます。



インデックス型は、日経平均株価やTOPIXなどの株価指数の動
きに合わせて運用されますので、比較的動きが穏やかです。



一方で、アクティブ型はベンチマークとしての株価指数よりも大き
な運用パフォーマンスを目指しますので動きが非常に荒いです。



このため、アクティブ型はリスクがインデックス型よりも高いので、
購入する際には、こうした点に注意する必要があります。



タグ:株式投信
posted by 投資信託初心者 at 04:15 | 投資信託の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託の運用実績を調べる方法


投資信託のパフォーマンスを量るために目論見書を読み込む必要
があるのですが、その時重要なのがベンチマークをどれほど上回
って運用されているのかを調べることです。



ちなみに、ベンチマークとは比較するための対象です。日本市場で
は日経平均株価やTOPIXが大きな指標となっています。



目論見書をみれば、ベンチマークを日経平均株価かTOPIXの内
のいずれかを採用しているということが記載されています。



もし、興味のあるファンドが日経平均株価をベンチマークとして採用
しているのであれば、そのファンドが日経平均株価に対してどれ位
運用パフォーマンスが上回っているか調べます。



また、実際にベンチマークと投資信託の運用パフォーマンスを比較
する際の注意点としては、長期間で運用パフォーマンスを比較する
必要があり、短期での比較は正確な判断が下せません。



1〜2年程度運用成績が良かったとしても、今後一気に反対に傾く
可能性だって十分あるわけですから、短期ではなく長期間に渡って
これまでの運用成績に対する評価を下すべきなのです。



そして過去にベンチマークを下回ったことがあるからといって、その
投資信託が良くないというわけではありません。基本的にベンチマ
ークを下回る投資信託は山のようにあります。



ですので、長期間に渡ってどれほど安定した運用を行なっているの
かとうことを重点において調べる必要があります。



posted by 投資信託初心者 at 23:01 | 投資信託の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

分配金は再投資するのが基本です

 
実際に、これから投資信託で資産運用を本格的に行なうことを検討
されている方々にとって投資信託の一番の魅力は安定して支給され
る分配金と考えている傾向が非常に強いです。
 
 
 
たしかに、グローバル・ソブリン・オープンのように、定期分配型の
投資信託は毎月分配金が分配されるので人気が高いです。
 
 
 
しかし、本来投資信託への投資する目的は基準価格が上昇すること
によって、換金時に得られる売却益です。
 
 
 
分配金はあくまでもオマケ程度に考えるべきです。その理由は投資
信託の各種手数料が割高という点と税金にあります。
 
 
 
分配金が支給される度に手数料が取られ、その上税金が掛かるので、
本来得られるべき利益が確実に目減りすることになります。
 
 
 
分配金は投資信託の純資産額から支給されるので、その分基準価格
の上昇を妨げることになってしまうからです。
 
 
 
そもそも、投資信託は株式投資のように投資家自身が投資する銘柄
を選んで運用するのではありません。
 
 
 
運用のプロであるファンドマネージャーが運用を行なうので、基準価格
の上昇を期待する方が自然なわけですから、分配金狙いで投資信託
を選ぶのは投資効果を弱めることに他なりません。
 
 
 
投資信託は個人投資家では敷居が高いとされる金融商品へ、ファン
ドマネジャーとう専門家によって投資できるのが大きな魅力なので、
分配金は再投資に回すことを検討されるべきです。




posted by 投資信託初心者 at 17:31 | 投資信託の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国内投信と外国投信の違いについて

 
投資信託の魅力の一つに、地域を選ばず各国の投資信託を国内の
金融機関を通して購入することが出来る点があげられます。
 
 
 

例えば今人気のベトナム株ファンドは日本の証券会社でも購入する
ことができるのですが、ベトナムの株式市場に上昇する銘柄を国内
の証券会社を通じて投資することはできません。

 
 
 
こうした投資する上での国境をとっぱらうことができる点が、投資信
託の大きな魅力の一つとされています。
 
 
 

なので、今回は国内投信と外国投信の違いについて誠に簡単では
ございますが、解説させて頂きたいと思います。

 
 
 
基本的に、国内投信は国内の投資信託会社が運営するのに対し、
外国投信は海外で設定され運用されます。そして、実際の販売に
関しましては国内の金融機関が行ないます。
 
 
 

また、国内投信の基準価格が円で表示されるのに対し、外国投信は
米ドルやユーロなどの外国通貨で表示されます。

 
 
 
国内の投資信託が投資信託法が適用されるのですが、外国投信に
関しては適用対象外となっています。
 
 
 

実際に国内の金融機関にて取り扱われている外国投信の多くがルク
センブルク籍のものでルクセンブルクの投信信託法が適用されます。

 
 
 

国内投信と外国投信の大きな差は、ファンドマネジャーの運用力の
差です。外国の場合は運用成果によってファンドマネジャーの報酬
が決まりますので日本とは温度差があります。





タグ:外国投信
posted by 投資信託初心者 at 12:45 | 投資信託の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公社債投資信託のリスクについて

 

ほんの1〜2年ほど前まで比較的景気が良かったため株式市場全体
が上昇局面にあったため、日経平均株価が2万円台に回復するのも
時間の問題と多方面でいわれてきました。

 
 
 
しかし、実際には2万円台に回復することなく、下落し続けることとなり、
今では7000円台に迫る勢いで下落しています。
 
 
 

ですので、昨年に公社債投資信託を購入された方の多くが基準価格
が大幅に割れる場面に遭遇することになりました。

 
 
 
これほどまでに乱高下を繰り返すと、投資信託のようなリスク商品へ
投資されたことを後悔されている方も少なくないと思います。
 
 
 

公社債投資信託は株式投資を中心に運用されている投資信託をさす
わけですが、当然のことながら株式市場の影響をモロに受けます。

 
 
 
このため、実際に公社債投資信託に投資するに当たって、車を新しく
買い換えるための購入費や、お子様の将来的な教育費などを目的に
投資信託を購入されるのは大変危険です。
 
 
 
上述した通り、株式市場は債券市場と比較にならないほど価格が乱
高下しますので、1〜2年程度保有するだけでは中々思うような運用
効果を期待することはできません。
 
 
 

ですので、公社債投資信託は、長期保有することによってはじめて
本来の運用効果が発揮されるのです。

 
 
 

また、購入する時の注意点として運用資金の全てを投入してしまう
ような買い方をしてしまいますと、実際に買い増しすることができな

くなりますので万が一の時には手も足もでなくなります。
 
 
 
こうしたことから、3ヶ月おきくらいに様子をうかがいながら保有数を
増やすかまたは現状維持かを検討されると良いでしょう。




posted by 投資信託初心者 at 20:35 | 投資信託の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託は透明性が高い金融商品

 

投資信託で資産形成する場合のメリットの一つに、どの程度の運用
収益が得られ、それによってファンドの保有者にどのくらいリターン

を返したのか、一目で分かるようになっている点があげられます。
 
 
 

実際に申し込み手数料や信託報酬などの各種手数料や、ファンドの
保有者が負担すべきコストが明示されています。

 
 
 
こうしたことから、ファンドに組み入れられている銘柄や、実際に運用
することによって、どの程度のリターンが得られたのかといったことが、
全て分かるように開示されています。
 
 
 

これは、実際に投資信託の詳しいディスクロージャー(企業内開示)
をご覧頂ければ、お分かり頂けると思います。

 
 
 
投資信託のディスクロージャーには、投資家がファンドを購入する際
に渡される「目論見書」、そしてファンドの運用経過などの詳細が明記
されている「運用報告書」があります。
 
 
 

これらにはコスト一覧や、組み入れ銘柄の一覧、過去の運用成績の
推移等が事細かに記載されています。

 
 
 

これらのディスクロージャーを読めば、そのファンドの運用成績が、
いかに妥当なものであるかが分かるようになっています。

 
 
 

もちろん、投資信託が透明性が高い金融商品だからといって必ずし
も運用実績まで良いとは限りません。

 
 
 

運用の状況が見えにくい預金や、その他の金融商品に比べれば投資
信託の方が透明性が高い分だけ、安心して投資出来ると思います。

 
 
 

  <投資信託のディスクロージャーの内訳>


 (目論見書)   ※ファンドを購入した際に受け取る事ができます。

 (運用報告書)  ※決算期ごとに発行されます。

 (運用レポート) ※週一、月一ペースで作成されています。





タグ:投資信託
posted by 投資信託初心者 at 19:39 | 投資信託の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。