スポンサードリンク

信託報酬率の低いファンドがお得です




■手数料が右肩上がりで上昇中


投資信託の取引コスト(手数料)が、ここ数年で、大きく値上がりしています。


ファンドによっては販売手数料が3%、信託報酬で年2%を取る場合もあります。


投資信託で資産運用を検討されているのであれば、こうした手数料を馬鹿にすることは
できません。なぜなら、投資信託から得られる利益に大きく関わってくるからです!


せっかく「基準価額」が期待以上に上昇しても、換金してみたら、思っていたほど利益
がでなかった、といったことも決して珍しいことではありません。


ですので、実際に投資信託を購入する際には注意が必要です。

【PR】 投資信託は各種手数料が激安なCFDが断然お得!






■狙い目は運用年数が長いファンド!


そうした中で、狙い目なのが昔設定されたファンドです。


特に90年代に設定されたファンドであれば信託報酬が低いものを容易に探せます。


注意深く調べましょう。基本的に目安としては信託報酬が1%前後で、比較的安定した
運用実績を維持しているファンドを探し出すことができればしめたものです。


そうすることでコストが低いファンドを比較的容易に選ぶことができます。


ファンド選びの注意点として純資産残高の水準が運用年数がたつにつれて、解約率が
増えているファンドも実際に少なくないのでこうした点に関しても要注意です。

お金で騙される人、騙されない人






■運用年数が長いファンドの注意点


そして、長年に渡って運用されているからといって安心できません。


中には、純資産残高が大幅に縮小しているケースも多いのです。


また、実際に純資産残高の規模があまりにも小さい場合も要注意です。


繰り上げ償還されるリスクが高いからです。こういった古いファンドの方がコストが
安いだけではなく、長期の運用実績を持っているだけに、選びやすいのです。


繰り返しになりますが、今現在、投資信託に関する様々なコストが上昇しています。


ですので、利益がどんどん薄くなっています。


そして、世界的に金融不安が長期間に渡って広がったことにより、リスク商品離れが
進むことによって、ファンドによっては基準価額を大きく下回ってます。


回復するものもありますが、全部は無理です。ですので今後も市場の様子を伺いながら、
大きく回復する可能性がある古いファンドへの投資も良いかと思います。








posted by 投資信託初心者 at 18:17 | 投資信託の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。