スポンサードリンク

グローバルソブリンオープンについて


今現在大きく低迷していますが、一時期は公募投資信託の残高が50兆円を超えていました。このため、
老後の資産形成のために積極的に購入している個人投資家が多く存在していました。


そうした中で、定期的に分配金が支給されるグローバルソブリンオープンは特に人気が集中しました。
実際にグローバルソブリンオープンには、為替リスクや、分配金が定期的に支給されることによる弊害
などマイナス面も少なからず存在しますが日本の投資家にはすんなり受けいられました。


やはり、日本よりも比較的金利の高い欧米などを主体とした国の発行する国債に分散投資をするという
ことで、安全でさらに一定の金利が得られるかたちの投資信託は魅力的に映るのでしょう。


実際に一般の個人投資家が海外の国債を直接購入することは、なかなか容易ではありません。さらに
国ごとに分散しようとするとなると、その分大きな資金も必要となります。


それ以前に、どのような仕組みで海外の国債を買えるのかといった情報も個人投資家のかたが入手す
ることは難しいです。また国債の価格は日々変動しますので、そうした動向につきましても個人投資家
がウォッチしつづけることも非常に難しいとされています。


くりかえしになりますが、グローバルソブリンオープンは毎月分配型という特色が人気の一つです。また、
ある程度大きな資産をさらに分散投資するとともに、各種情報をもっているプロが運用しています。


このため個人投資家の方も安心して投資することができます。投資信託は投資信託は、投資家から集
めた資金をまとめて大きな資金として、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品です。


そして、運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みです。注意しなければならない
のは、分配金はファンドの運用実績によって大きく変動してしまうことです。


いつも同じ金額が支給されるわけではありませんので、この点に関して予め了承した上で購入しなけれ
ばなりません。個人的にはオススメすることはできません。




posted by 投資信託初心者 at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。