スポンサードリンク

投資信託会社の主な業務内容について



多くの投資家の方が投資信託会社と販売会社と勘違いされますが、投資信託と販売会社では、実際に
行っている業務内容が大きくことなります。ですので、今回は投資信託会社の業務内容について誠に
簡単ではございますが、解説させていただきたいと思います。



基本的に信託銀行との信託契約により受益証券を発行し、投資家の資産を運用するのが投資信託会社
です。たとえば、○○投信投資顧問、●●アセット・マネジメントといった名前の会社がそれに該当します。



投資信託会社は、経済や証券市場動向、企業動向といったことを分析調査する、アナリストと呼ばれる
専門家が実際に調査を行います。そして、その結果に基づいて、ファンドマネジャーと呼ばれる運用の
担当者が、投資信託の運用方針や投資対象を決定し、実際の運用を指示しています。



そして、投資信託の目論見書、運用報告書の作成といった業務も行います。また、投資信託会社のこと
は委託者ともいいます。投資信託を開発する上で投資信託会社を外すことはできません。



運用のプロ集団によって投資信託が開発されて、投資家の資産は信託銀行がファンドの資産とは別々
にして管理し、証券会社などの販売会社によって投資信託は市場に流通します。



運用のプロといっても、予測を誤ることは度々ありますので、購入したら何もせずに、ほったらかし、と、
いうわけにはいきません。しっかりと市場動向を伺いながら投資判断を下す必要があります。




【投資信託の仕組みの最新記事】
posted by 投資信託初心者 at 10:10 | 投資信託の仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。