スポンサードリンク

実績の基準価額を時系列で確認する


今現在、金融不安が厳しい状況にあるので、これまで以上に
金融商品の対するチェックを厳しく行う必要があります。



ですので、RC分類値動きの幅をおおよその見当をつけたら、
実際にそのファンドの過去の運用成績をチェックします。



運用実績をチェックする場合、多くの方が、過去の基準価額
の騰落率を参考にされえることとおもいます。よく雑誌など
の特集で掲載されている過去1年、過去3年の騰落率です。



しかし、この数字だけでそのファンドの運用実績の良し悪し
を判断するのはかなり無理があります。



といいますのも過去の騰落率は、あくまでも現時点から1年前、
3年前に遡り基準価額がどの程度値上がりしたのかが分るとい
ったことに過ぎないからです。



以下の通り、極端な例を挙げて解説させていただきます。



ファンドの基準価額は1年前から半年前にかけて1万円から1万
5000円まで値上がりしたとします。その後に基準価額は下落
し、最終的に1万2000円に落ち着きました。


このファンドの過去1年の騰落率は20%プラスになります。


過去1年間で20%も値上がりしたのだから、上手に運用された
ファンドだと思うと思われるかもしれません。確かに1年前の
基準価額から判断すれば20%もの値上がり率になります。



でも、このファンドは半年前から現時点にかけて、1万5000円
から1万2000円まで値下がりしているのです。



値下がり率は20%にも達していますので、このファンドの運用
が成功しているとは到底いえないと思います。これが、騰落率
のみでファンドの運用実績を判断することの限界です。



過去1年前、3年前の基準価額の値動きと比べて、現時点の基準
価額がどの程度値上がりまた値下がりしたのかをチェックする
ことはできても、その間にどのような値動きをしたのかまでは
見えてきませんので完璧ではないわけです。



そこで、過去の運用実績をチェックする場合は、騰落率の数字
にのみに頼るのではなく、あくまでも過去の基準価額の値動き
をみることをおススメします。



そうすれば、実際にどの程度の幅で基準価額が変動するのかが、
一目瞭然です。実際に過去の値動きをチェックする場合は基準
価額の値動きをグラフで追うのが最も簡単な方法です。



グラフは各投資信託会社のホームページから、個別ファンドの
運用レポートなどを見れば、大体は掲載されています。



また、ヤフーファイナンスでは、過去の純資産残高と基準価額
のデータを、デイリーベースで掲載しております。



そして、こうした数字をエクセルなどの表計算ソフトにコピー
ペーストして自分でグラフを描いてるみると、実際にどの程度
の値動きをするのか一目で分かります。


【格安手数料】 各種投資信託のことなら楽天証券へ!



※投資信託への投資は、自己責任でお願いします。

投資信託に関する文章・情報の、誤字、脱字、誤配信を
含め、一切責任は負いませんので予めご了承下さい。

投資信託が分かる資産運用入門トップへ





posted by 投資信託初心者 at 03:06 | 投資信託の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。