スポンサードリンク

投資信託の分配金の仕組みについて


投資信託の基本的な仕組は、幅広い層の投資家から集めたお金によってつくられたファンド(基金)に
まとめることによって、や債券などに分散投資します。そこから得られた利益を投資した額の割合
に応じて投資家に分配金として還元する仕組みをさします。



そして、一方で投資信託はファンドとも呼ばれています。通常、一般の個人投資家が株や債券に投資
することによって、大きな利益を得る可能性があります。



しかし、その反面常に投資規模に応じたリスクが生じます。こうしたことから一般の個人投資家が機関
投資家と同じ土俵で争って利益を得るということは容易ではありません。容易に高い利益がえられると
思われている金融所品や市場ほど実は想像以上に難しいのです。



しかし、投資信託なら、その道のエキスパートであるファンドマネジャーが代わりに運用してくれます。
そして、投資信託の強みはプロであるファンドマネージャーに運用を任せることが出来る点です。



ファンドマネージャーの仕事を簡単に説明すると、企業の業績や財務内容、市場の動きを調べます。
そして、投資信託を運用する為に様々な手法を用いて情報を収集し、分析することによって投資対象
となる銘柄や債券を投資信託に組み込みます。



最後にもう一つ投資信託のメリットを挙げさせていただきますと、小額から購入することができるので、
1〜数万円と非常にリーズナブルな価格で購入することができます。



一人一人の投資額は少なくても、幅広く沢山の投資家から資金を集め、ファンドとしてまとめて、数十
から数百規模に分散投資ができるためです。そしてファンドそのものの種類が豊富にあるのでリスク
許容度に合わせて選ぶことができます。



投資信託も元本を保証する事はできませんが、低リスクであることから、投資に関しての知識と経験
がさほどなくとも比較的投資しやすい金融商品だと思います。




posted by 投資信託初心者 at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。