スポンサードリンク

外債ファンドの魅力と注意点について

 

今回は外債ファンドについて誠に簡単ではございますが、解説させていただきたいと思います。外債
ファンドは読んで字のごとく外国の債券に投資するタイプのファンドのことです。


外国の国債や公社債などで運用するタイプのファンドで、年に数回分配金を受け取ることができます。
ファンドによってはグローバル・ソブリン・オープンのように月一で分配金が支給されます。


毎月お小遣い感覚で分配金が支給されるのでリタイア層を中心に一時人気を博しましたが、今現在
基準価額が大きく低下し、なおかつ手数料が全般的に割高に設定されています。


このため、運用効果に関して大いに疑問があります。基本的に外債ファンドは中長期で運用するもの
が大半を占めています。一般的に短期の債券よりも中長期のものの方が利回りが高いです。


しかし、長期で外債ファンドを保有することにより、基準価額が減少する場面に遭遇する可能性が高ま
りますので、場合によっては元本割れすることも十分ありえますので注意が必要です。


外債ファンドは大きくわけて2種類に分けることができます。ソブリン債とハイ・イールド債です。ソブリン
債は国債や地方債など公的機関が発行する債券を中心に組成されています。一方、ハイ・イールド債
は発展途上国の債券を中心に組成されたファンドで、基準価格の変動が著しく激しいのが特徴です。






posted by 投資信託初心者 at 22:55 | 投資信託の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。