スポンサードリンク

MRFの利便性の高さと仕組みについて


MRFはマネー・リザーブ・ファンドの略称です。MRFの魅力は何といっても金融商品としての安全性の
高さです。実際にMRFの運用方針そのものが安全性を重視しています。


基本的にMRFは収益性よりも好きなときに解約して引き出すことができる換金性の高さが最大の魅力
です。証券会社では株式の購入資金や売却代金を総合口座という形でMRFで運用しています。


繰り返しになりますが、MRFは投資信託の一種とはいえ、安全性を最重視していますので、他の金融
商品と比較して利回りは低く設定されているため、この点だけみると魅力が薄いと思うかもしれません。


しかし、預貯金よりも利回りは良いですし、また、安全性が高いということで、資産運用および資産保全
のための一つの手段として利用されると良いかもしれません。


MRFやMMFに似た商品のなかで中期国債ファンドというのがあります。以前は広告も良くみかけたの
ですが、残念ながら最近では人気が大きく低迷しているようです。


基本的にMRFは追加型の公社債投信ですが、単位型の公社債投信として長期国債ファンドがありま
して、これも以前は高い人気を誇っていたのですが、最近では人気が低迷しています。


長期国債ファンドや中期国債ファンドは運用成績が反映されるため、元本割れするリスクがあるので、
こうした点が人気低迷の要因の一つになっているようです。




タグ:MRF
posted by 投資信託初心者 at 17:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。